Super Heavy Booster 3、解体始まる

8月15日、スペースXが現在開発中の次世代ロケット「Super Heavy Booster」の試験機である「Super Heavy Booster 3」の解体が始まりました。

解体はBooster 3が設置されていた発射台Pad Aの上で行われました。

切り離されたブースター上部が風にあおられている

現在はSuper Heavyの次のプロトタイプである Booster 4を利用したStarship初の軌道飛行試験に向けて準備が進んでいます。

Super Heavy Booster 3

Super Heavy Booster 3は Super Heavy Boosterの実質2機目の試験機です。

Super Heavyとしては初めてエンジンが取り付けられ、静的燃焼試験(実際にエンジンを燃焼させる試験)が行われました。

静的燃焼試験の様子

Booster 3はSuper Heavyのロケットとしての性能を確認する重要な役目を果たしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA