スターシップ初の軌道飛行、FAAの環境レビュー遅延で3月以降に

FAA(アメリカ連邦航空局)は29日ツイッターを更新し、スターシップ/スーパーヘビーの打ち上げに必要な環境レビューを2月28日に完了させることを目標としていることを明らかにしました。

SpaceX’s first orbital Starship launch runs into more FAA delays | TESLARATI

FAAは当初、この環境レビューを今年中に完了させる予定だとしていました。

スペースXCEOであるイーロン・マスク氏も早ければ来月にもスターシップ/スーパーヘビー初の軌道飛行試験を行う予定だとツイートしています。

しかし今日のFAAのツイートにより、環境レビュー完了は2月28日まで、つまり2ヶ月延期されることが明らかとなり、スターシップ/スーパーヘビー初の軌道飛行試験は3月以降に行われることがほぼ確実となりました。

今回の遅延は18000件を超えるパブリックコメントのレビューが原因とされていますが、TESLARATIによるとコメント期間はFAAがレビュー完了の目標日を12月31日と発表する数週間前に終了していたとのこと。

実際には地方、州、および連邦レベルで他の機関との協議や調整が続いているためではないかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA