スーパーヘビーQDアームがこれまでで最も速く動作、スターシップQDアームにはバンパーを取り付け

現地時間6日、スーパーヘビー用QDアームの動作テストが行われ、これまでで最も早く動作している様子が確認されました。

また、スターシップQDアームにはバンパーが取り付けられました。

QDアーム

QDアーム(クイック・ディスコネクト・アーム)は、ロケットに燃料や電源などを供給するためのアームです。

発射直前に素早く機体から切り離せるようになっています。

スーパーヘビーQDアーム

スーパーヘビー用のQDアームは発射台に取り付けられています。

発射直前に機体から切り離された後カバーに格納され、エンジンの燃焼から保護される仕組みとなっています。

下のツイートは6日に行われた動作テストの様子。

動作テストはこれまでにも行われていましたが、今回これまでで最も速くQDアームがカバーに格納される様子が確認されました。

実際の打ち上げ時にはこれよりもさらに速く格納されるのではないかと思います。

スターシップQDアーム

スターシップ用QDアームは発射塔中部に取り付けられています。

アームは発射塔の裏側から回り込んで機体に接続される形になっていますが、発射台側をキャッチアームが移動するためこのような形になっていると思われます。

6日にはこのQDアームにバンパーが取り付けられました。

新たな組立棟の建設進む

組立施設では新たな組立棟の建設が進んでいます。

現在組立施設には、スターシップのタンク部分を組み立てる「ミッドベイ」、スターシップやスーパーヘビーを組み立てる「ハイベイ」の2つの組立棟がありますが、新しい組立棟はさらに大きなものとなります。

組立棟はセクションごとに地上で組み立てられ、それをクレーンで吊り上げて建設されます。

現在は3段目のセクションが取り付けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA