SpaceX、Starship S20の静的燃焼試験を実施、Raptor Vacuum初の静的燃焼試験に

SpaceXは日本時間10月22日、テキサス州にある自社の発射場でStarship S20の静的燃焼試験を行いました。

静的燃焼試験は機体を発射台に固定し、実際にエンジンを燃焼させて機体の性能を確認する試験です。

Raptor Vacuumエンジン初の静的燃焼試験に

Starship S20(Ship 20)は初めてRaptor Vacuumエンジンが搭載される機体です。

Raptor Vacuumエンジンは真空の宇宙空間での使用に適した設計になっています。

左が通常のRaptorエンジン、右が Raptor Vacuumエンジン。

今回は初めてRaptor Vacuumエンジンを使用した静的燃焼試験となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA