スターシップSN15 来週打ち上げか

こんにちは!

今回は、速報でイーロンマスクがスペースXが現在開発している次世代宇宙船スターシップのプロトタイプ、SN15に関して来週の打ち上げを目指しているとツイートしました。

スペースX社は現在、月や火星への人類進出、そしてISS、国際宇宙ステーションへの人や物資の輸送、人工衛星の打ち上げ、宇宙ゴミの回収など、様々なことに利用できる大型の再利用宇宙船スターシップを開発しておりその試験機をこれまでに立て続けに打ち上げてきましたが、新しい試験機SN15がついに発射台に設置され機体のタンクに推進剤ではなく液体窒素を充填してタンクを加圧する極低温試験が行われていました。

今回のSN15については、同社CEOであるイーロンマスク氏が「機体構造やソフトウェアに数百の改良が行われた」とツイートしていますが、前回のSN11は着陸時空中で爆発しており、この爆発の原因となった問題がそれらの改良で改善されていることを願う気持ちはスペースXのファン共通のものではないでしょうか。

SN15にはまだエンジンが搭載されておらず飛行試験までにエンジンの取り付け、エンジンを燃焼させる静的燃焼試験を行わなければなりませんが、
今日イーロンマスク氏はSN15について、来週の打ち上げを目指しているとツイッターで明らかにしました。

今後数日以内にエンジンの取り付けが行われる予定です。

先ほどもお伝えしたように、SN15には多数の改良がくわえられておりこれまでに高高度飛行試験で着陸に唯一成功しているSN10よりもスムーズな着陸を見ることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA